理論的背景はポジティブ心理学

ポジティブ心理学とは、1998年にマーティン・セリグマン教授が「それまでの心理学が、病気を治すための努力はしてきたが、『どうすればもっと幸福になれるか』については、あまり研究してこなかったことに気づいた」ことで生まれた心理学の一部です。

ポジティブ心理学の本質は、自分の強みが何であるかを知って生かすようにすること、自分にとって良かったこと最高だったときの思考や行動に着目することです。

そしてその行動の真髄は「良い感情を選ぶ」ということだと思うんです。人が色々な感情を選ぶことができるのであれば、どうせなら「良い感情を選ぶ」ことの方が人は幸せになれるという単純な話なんです。

心理学の一部であるポジティブ心理学は精神世界やスピリチャルな世界と近しいかもしれませんが、20年もの間研究されてきた学問であり理論的背景があるのです。